ConoHa WINGでWebメールクライアントを立ち上げる話

ConoHa Webメール
0 コメント
Tweet

そもそも「ConoHa WING」とは

知る人ぞ知るGMO提供のレンタルサーバー。
元々VPSのみ提供していたのが、クラウド的な感じで時間制課金なレンサバを2018年9月に提供し始めました。

ちなみに私は最近(2019年3月中旬)までXREAという同じくGMO提供のレン鯖を使っていましたが、
これがクソみたいに反応速度が遅いわ夜はInternal Server Errorを返してくるわで使い物にならず。
で、契約満了間近なのを機にConoHa WINGにお乗り換えです。
同じGMO提供とは思えないくらいの質の差があります。高品質ってなんだっけ。

ConoHa WINGの特徴

まず美雲このはちゃんがかわいい。
とにかくページの表示が爆速。レン鯖では人気なエックスサーバーをも上回るほど。
他サーバーからのWordPress引っ越しがラクにできます。
他のレン鯖同様クレカで毎月利用料を引き落としにもできますが、デビカ・プリカしか持ってない人や
そもそもクレカ系統のカードはねぇよという人でも利用できるように先払いのチャージ制が存在します。
チャージの場合PayPalやAmazon Pay、ペイジー、コンビニ払い等、結構幅広いです。
気になる方は下のリンクからどうぞ。アカウント登録だけでも1000円分のクーポンがもらえます。
ConoHaの公式サイトへ

Webメールクライアントを立ち上げようと思ったきっかけ

WindowsからChromeOS(CloudReady)に乗り換えたんですが、メーラーはブラウザのGmailしかないという。
Gmailは迷惑メールの温床と化しているため、IMAPで他のメール鯖からまとめて管理するのも嫌なので
せっかくならConoHa WINGでメールクライアントを立ち上げちゃえ、ということになりました。

RainLoop

Webメーラーといえばこれ、という人も多いと思います。
zipを落として鯖にうpして解凍とか煩わしいのは嫌いなので、RainLoopの公式ドキュメントにあるinstaller.phpを
ConoHaのファイルマネージャーから直接引きずってきてブラウザでアクセスすれば簡単に導入できます。
一応ConoHa WINGでも動くんですが、マルチアカウント1を使ってアカウントを切り替えると
なにも表示されなくなってしまう現象が100%発生します。
ブラウザを閉じる→再度Webメーラーを置いたドメインにアクセスで表示されますが、
毎回これではストレスが溜まってアカンと思い別のを使うことに。

Nextcloud

クラウドストレージを立ち上げるやつなのでWebメーラー専用というわけではありませんが、
Nextcloudのアプリの一つにWebメーラーがあります。
ただし、使うにはPHPのバージョンを7.2以下に落とす必要があります。
あとマルチアカウント対応と書いてあったんですが、うちの環境では一つのメールアカウントしか登録できず。
結局Nextcloud自体のアプデ通知が来てアプデかけたらInternal Server Errorになったんで使うのをやめました。

SquirrelMail

一応スナップショット版?は現在も更新されているようなんですが、Stable版の最新が2011年7月という
いかにもヤバイわよ!な感じなので却下。

NOCC

結構マイナーなWebメーラーのようですが、ConoHa WINGでまともに動いたのはこれでした。
設定のほとんどはconfig.phpを弄る必要がありますが、適切な設定さえできればきちんと動きます。
マルチアカウント機能はありませんが、このメーラーはセッション方式になっており、
URLが https://(NOCCを置いたドメイン)/action.php?sname=(ランダム文字列)
という感じになっています。このURLをブクマしておけば、一定期間は再ログイン不要でメールのやりとりができます。
しかも万が一URLが漏洩しても別IPからアクセスするとセッションが無効化され再ログインが必要になるなど
セキュリティもそれなりにきちんとしているようです。
が、はじめに言ったように設定はconfig.phpを弄らなければならず、設定項目も多いのでクソ面倒でした。

おわりに

ChromeOSでなんかいいメーラーアプリが出ればいいんですがね…
いいのが出てきたら教えてください。あ、ちなみにAndroidアプリ版は無しでお願いします。


1:一つのメールアカウントでログインすれば別のメールアカウントもまとめて管理できる機能。